名刺のスペースとバランスを考えて作成する際の注意点とは

名刺

コンテンツ一覧

2017年08月23日
余白を残すことも重要な名刺作成を更新しました。
2017年08月23日
名刺のデザインを更新しました。
2017年08月23日
名刺作成の際の注意点を更新しました。
2017年08月23日
初めて名刺作成するときのポイントを更新しました。

必見!名刺作成を成功させるコツとは?

名刺作成を成功させたいのなら、コツを押さえる必要があります。ただ必要な情報を印刷すればよいと安易に作成をしたら、名刺作成に失敗してしまうかもしれません。相手に好印象を抱いてもらうために、きちんとコツを抑えて素敵な名刺を作成するようにしましょう。
まず重要なのは、限られたスペースにどのような情報を載せたいか決めることです。そして、情報は入れすぎないことがコツです。相手に知ってもらいたいからといって何でもかんでも名刺に載せてしまったら見づらくなってしまいます。伝えたい情報の中からさらに大切な項目だけを厳選して掲載するようにしましょう。
また、文字に色をつける際には、目立たせるためになんでも色をつけるのではなく、印象づけたい箇所に目立つ色を使うのがコツです。あまりにたくさんの色を使用してしまうと逆に見えづらくなります。むやみに色を変えるのではなく、効果的に使うようにしましょう。そして、名刺作成を行う時には適度に余白部分を作ることもコツです。スペースがなく文字が詰まっている名刺だと読みづらい印象を与えてしまいます。余白があることですっきりとした印象になり、見やすい名刺になるでしょう。名刺を作成するには相手に読むストレスを与えないようにすることが大事です。今回紹介したこれらのコツを参考にして名刺を作成してみましょう。

名刺作成と縦横のバランス

縦と横でレイアウトの内容が違うので、バランスよく名刺作成を実行する点が必要です。文字の大きさから肩書まで全て書く文字数までを網羅させれば、自然とレイアウトが完成します。素人との決定的な違いを述べれば、プロの方は全体がまとまった仕上がりになります。印刷するインクも業務用であるため、黒の出方が特殊になっています。相手が読みやすい色を心掛けることで、名刺作成が完璧に収まります。
企業で一括して申し込むことになれば、一定の需要を確保することができ、名刺作成のビジネスとしては成功です。名刺を渡す方針を大事に守っている企業は、伝統ある大企業に集中しているため、威厳ある対応を心がけていくことが着実です。
相手へ誠実な態度が伝わる名刺を目指すには、優れたサンプルを参考にする要素が必要です。第一印象で大半のことを把握しようとする現在は、名刺のありかたが非常に大事な意味合いを持っています。繰り返し使用できるデザインであれば、名刺における文化を長期的に継続させる内容が定着します。よって名刺作成において最も重要となる要素は、自分の身分をしっかりと伝えることにあります。多色刷りの名刺はコストがかかりますが、特別な思いを相手へ伝える手段へ役立ちます。

印象に残る名刺を作成しよう

自分の働いている会社や自分の名前について、初めて出会う仕事相手にきちんと覚えてもらうために、やはり名刺はとてもたいせつなアイテムのひとつです。そのため、名刺作成をするときには、少しでも印象に残りやすいような工夫をいろいろと考える人が多いのではないでしょうか。
印象に残りやすい名刺作成のポイントとしてよく挙げられているのが、企業名といっしょに、事業内容やスローガンを名刺に書き添えるという方法です。企業名のなかには、まったくその会社を知らない人からすると、事業内容がよくわからないネーミングのものも少なくありません。そのような企業名の会社の名刺作成をする場合には、たとえば「〇〇販売専門店」「〇〇取引・仲介」などのように、ひとことで事業内容がわかるような添え書きをしておくことがとても有効です。
また、企業名を見ただけで業種がわかるネーミングの会社の場合にも、企業としての取り組みや社内目標、経営理念などを企業名といっしょに記載しておくと、名刺を渡したときの話題につながりやすいですよね。会社についてその場でいろいろと話をしておくと、会が終わってから見直したときにも、名刺を渡した人がすぐに顔や話した内容を思い出してくれるという利点があります。

名刺を見せる人

初めて名刺作成するときのポイント

名刺作成をする場合、自分で名前のレイアウトを考えて名刺を作ることもできなくはありませんが、やはり安心できるのは、名刺作成を取りあつかっている印刷会社に依頼をするのが、やはりいちばん安心できる方法ですよね。実際に自分で名刺作成に挑戦してみると分かりますが、ただ名前と会社名、連絡先を記載するだけでいいはずの名刺作成でも、考えなくてはならないことは本当にたくさんあります。名前のフォントをど…

名刺交換

名刺作成の際の注意点

名刺を作成する際、デザインなどは自分で決めなくてはなりません。特に名刺の印刷は1度に大量に作ることが多いので、失敗はしたくありませんよね。ですので今回、名刺作成の際の注意点について見ていきたいと思います。まず、サイズですがこれは標準の名刺サイズと統一されましょう。日本の名刺は縦55mm、横91mmの長方形が標準サイズとなっています。もちろん規定はないので、必ずこのサイズでなくてはいけない、と…

ファイル

名刺のデザイン

個性あふれる名刺デザイン。あまりにも個性的すぎて驚くものも少なくありませんが、名前や企業名を覚えるにはいいきっかけにもなるのが名刺です。今の時代、パソコンで数多くあるフォントの中から企業イメージに合うフォントを選びデザインされる名刺は、絶好の企業PRツールだと思います。4色でカラフルに彩られた名刺や、1色でレイアウトされたシンプルな名刺。色だけでなく、印刷手法によって仕上がりも全く異なる印象…

グミと名刺

余白を残すことも重要な名刺作成

名刺の作成をするときにいろいろな情報を入れますよね。自分の名前だったり、連絡先だったり、自分の会社のことだったりなど名刺というのは手軽に相手に情報を伝えることができる手段です。しかしその名刺を作るときには相手に伝わりやすいようにしなければならないので、名刺自体が見にくいものだとせっかくの名刺が台無しになってしまいます。なので私は名刺作成時には余白を残すことをおすすめします。余白がない…

TOP